クリーンウォーク十勝in札内川に参加しました。

 開催日:2018年5月12日

 毎年恒例となっている札内川の清掃ボランティア
 に参加しました。






北海道開発局より優良工事等表彰を受けました。


 受賞業務 :帯広開発建設部管内 道路調査資料作成業務
         平成28年4月15日〜平成29年2月24日

 受賞者  :管理技術者 佐々木 英樹

 受賞年月日:2017年7月25日

 概  要 :   本業務は、帯広・広尾自動車道 更別IC〜忠類大樹IC及び北海道
         横断自動車道浦幌IC〜白糠ICにおける開通後の整備効果調査をおこ
         なったものです。
         当該年度の調査結果だけでなく、過年度からの調査結果を独自に整
         理・反映し、また、台風災害時において緊急的な資料作成にも迅速
         に対応し評価されました。

クリーンウォーク十勝in札内川に参加しました。

 開催日:2017年5月13日

 毎年恒例となっている札内川の清掃ボランティア
 に参加しました。

 天気にも恵まれ、当社からは20名近い有志が協力
 してくれました。昨年の台風で状況が気になるとこ
 ろでしたが、ゴミの量自体は昨年とあまり変わらな
 い感じでした。

社内安全対策研修会を行いました。

 開催日:2017年4月6日

  今年も社内全体で安全研修を実施しました。
 社内実務担当者を講師とする「安全管理について」
 講習・指導がありました。
 また、帯広消防署よりお招きした講師より「職場内
 外でのけがの対処法」について、健康アドバイザー
 として小春日和主宰者より「職場で取組むメンタル
 ヘルス」について講演を聴きました。  


後志総合振興局長より2016年小樽建設管理部優秀現場代理人等の表彰を受けました。


 受賞業務 :大川海岸津波高潮危機管理対策工事1工区騒音振動調査外
       平成27年5月20日〜平成28年3月22日

 受賞者  :管理技術者 田邊 忠明

 受賞年月日:2016年11月16日

 概  要 :   上記業務の評価が高く優秀な成績をおさめたことが認められ、昨年
         の網走建設管理部の表彰に続き、環境技術部の田邊課長の二年連続
         受賞となりました。
         当日は小樽建設管理部において、後志総合振興局長より感謝状を
         いただきました。

クリーンウォーク十勝in札内川(河川の清掃ボランティア)に参加しました。

 開催日:2016年5月14日

 毎年恒例となっている札内川の清掃ボランティア
 に参加しました。

 天気にも恵まれ、当社からは30名近い有志が協力
 してくれました。年々少しづつですがゴミの量が
 減ってきている感じがします。

オホーツク総合振興局より、2015年度優秀管理技術者等表彰を受けました。


 オホーツク総合振興局の表彰後に網走測
 量設計協会より金一封を授与されました。


 受賞業務 :ポンオコツナイ川総合流域防災河川改修工事(家屋騒音振動調査)

 受賞者  :管理技術者 田邊 忠明

 受賞年月日:2015年12月9日

 概  要 :   上記業務は、河川改修工事に伴い発生する騒音及び振動が工事箇所
         に隣接する家屋へ影響を与えたかを明確にするために、家屋調査(事
         前)と工事中の騒音・振動測定を行い、事業損失が発生した場合の基
         礎資料とする事を目的としています。
          受賞者が、上記関連業務を含め過去5年間にわたり対応した同種業
         務の全てがそれぞれ高い評価を受け、オホーツク総合振興局長より感
         謝状をいただきました。

クリーンウォーク十勝in札内川(河川の清掃ボランティア)に参加しました。

 開催日:2015年5月09日

 十勝の環境づくりの推進のため清掃ボランティア
 に今年も参加しました。

 当社からは、過去最多となる31名の有志が参加し
 良く晴れた空の下ゴミ拾いに汗を流しました。

十勝総合振興局長より2014年優秀技術者等表彰を受けました。

 受賞業務:畑地帯(支援)中里地区 調査設計61
      平成25年6月18日〜平成26年3月10日

 受賞者 :管理技術者 佐藤 智成

 受賞年月:2015年3月20日

 概  要:   上記業務の成績評価が高く、優秀な成績であることが認められ振興局
        の調査・設計業務では初めての受賞となりました。
         当日は設計部の佐藤 智成課長補佐が授賞式に出席し、
        十勝総合振興局長より感謝状をいただきました。

社内安全対策研修会を行いました。

 開催日:2014年4月25日

 今年も「安全で健康な職場を目指して」
 をスローガンに社内安全研修を実施しました。






十勝総合振興局より平成25年度 帯広建設管理部優秀現場代理人等表彰を受けました。

 受賞業務:岩内川 特定砂防工事 施工管理委託
      平成24年10月31日 〜 平成25年3月25日

 受賞者 :現場代理人(監理技術者) 下山 義公

 受賞年月:2013年12月18日

 概  要: 上記業務の成績評価が97点と高く優秀な
      成績であることが認められ、施工管理業務
      では初めての受賞となりました。
       管理技術者の施工現場と連携してこまめ
      で懇切丁寧な管理や誠実な検査対応が評価
      を受けたものと自負しております。
       当日は施工管理部の下山課長が授賞式に
      出席し、十勝総合振興局 副局長より感謝
      状をいただきました。

北海道建設部より平成25年度建設部工事等優秀者表彰を受けました。

 受賞業務:H24 途別川堤防質的改良工事 地形調査
     :H24 佐幌川道単改修工事(北広地先)地形調査
     :H24 ペンケオタソイ川砂防工事地形調査その3

 受賞年月:2013年12月6日

 概  要: 上記測量3業務の平均成績評価値が他の業者より高く上位のため
      表彰対象となり、十勝管内委託業務の中から唯一の受賞となりました。
      高橋はるみ北海道知事より感謝状が授与されました。

社内安全対策研修会を行いました。

 開催日:2013年4月25日

 今年も「安全で健康な職場を目指して」
 をスローガンに社内安全研修を実施しました。
 帯広警察署よりお招きした講師から「交通と
 職場の安全について」、帯広保健所よりお招き
 した講師には「心と身体の健康について」と
 題してお話をしていただき、本社役・職員全員
 で講演を聴きました。

 また、社内講師より「災害時の安全対策」ほか
 の講習を受けました。
 

上士幌町長より感謝状が授与されました。

 受賞年月:2011年8月1日

 概  要:上士幌町より竹中町長が来社され、
      北海道バルーンフェスティバル開催に
      当社20年以上にわたるボランティア
      活動に対して感謝の意を述べられると
      ともに感謝状をいただきました。
 



帯広開発建設部より 優良工事等表彰を受けました。

 受賞業務:帯広開発建設部管内
              道路附属物点検業務
 受賞年月:2011年7月22日

 概  要:本業務は、国道の安全で円滑な交通を
      確保するために、「道路附属物
      (標識、照明施設等)の点検要領(案)」
      に準じ、道路照明及び案内標識等に
      ついて点検を行ない、損傷や欠陥など
      の異常を早期に発見するとともに、
      点検結果を所定の様式に記録することを目的とします。

       当社では、同業務を平成16年に始まり平成18年から5年連続受注して
      対応しています。

       現地での丁寧で的確な調査と安全作業管理、将来の点検計画や
      各種業務改善提案が評価されました。  

十勝総合振興局(帯広建設管理部)より平成23年度 優良工事等表彰を受けました

 受賞業務:静内中札内線 地特111交安工事
                   用地測量
 受賞年月:2011年6月9日

 概  要:本業務は、河西郡中札内村の国有林に
      おける静内中札内線の5号橋・6号橋の
      護岸工と擁壁護床工の施工に必要な用
      地確定測量及び立木調査をおこなった
      ものです。
      測量成果の品質とともに、調査箇所
      あるいは現地への入林アクセス条件等の危険性に対する安全対策と安全
      作業が結果として評価されました。  

十勝総合振興局(帯広建設管理部)より優良工事等表彰を受けました

 受賞業務:3・3・46 弥生新道(春駒工区)
       地活交改良工事補償物件調査その1
 受賞年月:2010年6月11日
 概  要:本業務は、3・3・46 弥生新道
      (春駒工区)に地活交改良工事におい
      て、工事に必要な事業用地取得の為、
      支障となる建物等の物件の移転補償額
      を得る事を目的とし調査積算を行う業
      務である。調査個所は帯広市西17条
      南3丁目から西18条南4丁目の区域である。調査物件は、木造建物・
      附帯工作物・独立工作物であり、他に木造建物・非木造建物・住宅敷地
      機械設備・営業調査等の再積算を行った。作業にあたっては、特記・共
      通及び標準仕様書を遵守し、移転補償額算定の基礎となる各種図面を作
      成し、物件毎に数量を計上し、所有者毎に移転補償額を算定し取り纏め
      ました。